結婚式は人生の中でも大きなイベントの1つです。
式を挙げるには規模にもよりますが相当のお金が必要となり、コツコツと貯金をしていれば自力で支払いをすることもできます。
しかし特に若い世代においては貯蓄額も少なく、十分な挙式を挙げることが難しいこともあります。
そこで利用したいのがブライダルローンです。
金融機関からお金を借りる場合、使用使途自由のカードローンやフリーローンの他、目的が決まっているローンを選択することもできます。
目的が決まっているローンでは、それ以外の目的でお金を利用することはできませんが、その分金利が低くなっているというメリットがあります。


ブライダルローンを利用する場合、見積もりを出して審査に通過する必要があります。
一般的な結婚式の費用が300万円~500万円程度と言われていますが、ある程度は自己資金を使う必要も出てくるかもしれません。
具体的にいくらまで融資できるかは金融機関の判断によってことなります。
自己資金ですべて賄おうとした場合、直前になって足りなくなってしまうということもありますし、結婚後の生活が厳しくなってしまうこともあります。
結婚後の生活をうまくいかせるためには、無理をせずに金融機関に頼ることも必要でしょう。
また、このローンは式以外にも婚約にかかわる結納などの費用に充てることも可能です。
借りた金額が余ったりした場合に報告する必要はありませんが、会場選びなどは複数の式場に見積もり依頼を出し、満足のいく挙式があげられるようにするとよいでしょう。


ブライダルローンは消費者金融でも契約することは可能ですが、総量規制の対象となっているため、年収の3分の1以上の借り入れをすることはできません。
まとまった金額の融資が必要な場合は銀行に相談しましょう。
口座を持っている銀行など、これまでに取引がある金融機関の場合は、審査で有利になることがあります。
ローンのメニューに「ブライダル」の文字がなかった場合でも対応可能なケースがありますので、窓口や電話で相談してみるとよいでしょう。